ホワイト企業認定とは?認定のメリットとポイントを解説!

家族に入社を勧めたい、次世代に残すべき優良企業(ホワイト企業)を評価・認定し、企業価値の向上を支援する制度「ホワイト企業認定」

今回は、ホワイト企業認定の必要性や取得することのメリットなどを解説します。

P&Cラボ

賃金や労働環境ももちろんですが従業員の満足度を向上させるのに重要なのが、福利厚生。この福利厚生には、定額制で使い放題のパ…

ホワイト企業認定とは

ホワイト企業 認定 

一般財団法人日本次世代企業普及機構(通称:ホワイト財団)が主催、運営している、人々がそれぞれの個性と特徴を活かしながら、溌剌と創造的に働く。

そのような企業であふれ、明日が楽しみに思える社会の実現を目指し、企業のホワイト化を総合的に判断する国内唯一の認定制度です。

ホワイト企業認定取得のメリット

ホワイト企業認定を取得する5つのメリットをご紹介していきます。

採用活動の成果アップ

求職者は業界・業種のみならず、より企業の事を良く調べ良く知り比較検討を行うようになっています。

福利厚生の充実やブラック企業ではないか等、労働環境も仕事内容と同等に重視されています。

ホワイト企業認定を受けることで他社との差別化を測り、安心して働く事ができる職場だと言う事を求職者に伝える事で、求人応募数の増加に大きな成果をもたらし、企業アピールのひとつとなります。

従業員の定着率アップ

ホワイト認定企業は7つの指標があり、現状のほかに将来的な取り組み目標や提示が必要なため、従業員の労働環境を整備をしたり施策を実施することが必要になります。

その取り組みの結果が従業員のモチベーションアップにつながり、整った労働環境や魅力的な会社は人材定着率の向上に繋がります。

自社課題の明確化

全70設問の認定審査を受け、その審査結果から全国の企業の取り組み状況と比較をすることができるため、今後社内で取り組んで行くべきことが明確に分かるようになります。

これらを改善していく事で優秀な人材の定着へと繋がります。

顧客満足度の向上

ホワイト企業認定審査項目には、優秀な人材が活躍できるようになるためのヒントがたくさんあります。

従業員満足度が向上することで、人材が定着し顧客満足度も向上に繋がります。

企業広報への活用

ホワイト企業認定企業には、様々な場面で利用できる認定マークが付与されます。

認定マークを企業のホームページやパンフレット、サービスや求人情報広告等に活用していく事で企業のイメージ向上を測ることができます

ホワイト認定企業になるための7つの指標

気になるホワイト企業になるための7つの指標について紹介をして行きます。

①ビジネスモデル・生産性

自社で行うビジネスが、高い安全性・安定性を有し長期永続が可能である。

また、生産性向上の施策を積極的に行いビジネスをさらに推進させている。

 

②ダイバーシティ&インクルージョン

全ての従業員がそれぞれの特色/個性/経験等を活かし、活躍できる会社を目指して多様な人材の活躍支援をおこなっている。

ダイバーシティ&インクルージョンについては過去の記事で紹介しております。

P&Cラボ

ダイバーシティ&インクルージョン「ダイバーシティ(多様性)」&「インクルージョン(包括)」とは、一人ひとりの多様性を受け…

 

③ワーク・ライフバランス

全ての従業員のワーク・ライフバランスの実現に向けて就業場所や時間、ライフステージにとらわれないような柔軟な勤務形態を導入することで、キャリア実現を支援している。

 

④健康経営

従業員の健康を重要な経営資源として捉えて、個人の健康増進を企業の業績向上に繋げるための施策を取り入れている。

 

⑤人材育成・働きがい

働く従業員と企業の関係を対等ととらえ、お互いが同じ方向に向かって成長するための取り組みを行い組織力を強化している。

 

⑥リスクマネジメント

経営を行っていく上で障壁となるリスク及び、リスクが及ぼす影響について事前に対策し、危機発生の回避をするとともに、危機発生時の損失を極小化するための取り組みを行っている。

 

⑦労働法尊守

従業員が安心して安全に働くことができ企業活動を円滑に行うために、労働に関する法律の内容を正しく理解し遵守している。

ホワイト企業認定取得までの流れ

それでは、ホワイト企業認定取得までの流れについて紹介していきます。

①WEB審査を受ける

一般財団法人日本次世代企業普及機構のホームページより審査を受けて頂きます。

 

②WEB審査の結果をフィードバック

審査項目結果と、フィードバックが送られてくるので、審査結果では自社の強みや弱みを明確に把握する事が出来ます。

 

③仮認定・書類審査

1.のホワイト企業認定審査の段階で、認定基準を満たしていた場合「仮認定」となり、その後書類審査に進みます。

④認定

・ホワイト企業認定マーク

・ホワイト企業認定プレート

・ホワイト企業認定証

を付与、贈呈されます。

ロゴマークは名刺やHP等に、認定証書や認定プレートは社内やエントランス等に飾り、PRに使用することができます。

(参考:ホワイト企業認定の流れ・採点方法・認定料)

まとめ

ホワイト企業認定を取得することで、社内満足度はもちろん企業イメージの向上にも繋がると言うことが分かりました。

採用に悩んでいたり、人材が定着しない等のお悩みがある場合は是非検討してはいかがでしょうか。