今さら聞けない「働き方改革」とは|テレワーク時代の働き方

「働き方改革」が叫ばれるようになって久しいですが、実は「働き方改革」の言葉の意味がよくわかっていないという方、少なくないんじゃないでしょうか?

特に最近は、テレワークだとかリモートワークだとか言うけれど、違いが全くわからない……という方も多いはず。

今回は、「働き方改革」の言葉の意味と、「テレワーク」に代表される、新しい働き方について解説していきますので、実は知らなかったという人事や労務管理者の方は、ぜひ参考にしていってください。

P&Cラボ

これまで「普通」が普通ではなくなり新しい常識が定着する時代の節目に訪れる転換期のことを意味するニューノーマル。今回で3度…

今さら聞けない「働き方改革」とは

 

働き方改革とは

「働き方改革」を一言で表すと、「一億総活躍社会」を実現するために政府が掲げた国を挙げた取り組みのことです。

首相官邸のWebサイトから働き方改革について表した文章を引用しますと、以下のように書かれています。

”働き方改革は、一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、格差の固定化を回避し、成長と分配の好循環を実現するため、働く人の立場・視点で取り組んでいきます。”

(引用:首相官邸「働き方改革の実現」

要するに、超高齢社会に突入し、人口減少が進むと予想されている日本で今後も労働力を確保していくために、高齢者の再雇用や女性の社会進出などを筆頭に、多様な働き方ができる社会を実現していこうとする取り組みのことです。

その「多様な働き方」のひとつとして、最近注目を集めているのが、「テレワーク」と呼ばれる働き方というわけです。

「テレワーク」と「リモートワーク」の違いとは

テレワークは、働き方改革を推進する総務省の定義では、以下のように説明されています。

“テレワークとは、ICT(情報通信技術)を利用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方です。”

(引用:総務省「テレワークとは?」

テレワークが「多様な働き方」を実現できる理由は、この定義で説明されている通り、「時間と場所を有効に活用できる柔軟な働き方」ができるからです。

では、そもそもテレワークとは何なのかと言いますと、ノートパソコンやタブレット端末を使って、自宅やカフェなどの「オフィス以外の場所」で仕事をすることを、テレワークと言います。

近年テレワークが急激に注目を集めだした理由としては、新型コロナウィルスの流行による外出自粛の影響もありますが、ICT技術の進歩によって、リモートデスクトップやクラウドサービスなど、場所を限定されない仕事環境が普及したことが大きいと言えます。

また、最近では人々が仕事に求めるものとしてワークライフバランスの比重が大きくなり、通勤に時間を取られず、家事や自分の時間を大切にできるテレワークが評価されるようになってきました。

育児や介護との相性も良く、今後さらに普及していくことが期待できます。

 

では、「テレワーク」と「リモートワーク」の違いは一体何なのでしょうか。

実は、「テレワーク」と「リモートワーク」との言葉の意味の違いはほとんどありません。

「テレワーク」が英語の「tele」=「離れた」と「work」=「働く」を合わせた言葉で、

「リモートワーク」が英語の「remote」=「遠隔の」と「work」=「働く」を合わせた言葉というだけで、言葉の由来もほぼ同じです。

 

ただ、IT業界では、「リモートデスクトップ」など、離れていることを表すのに「リモート」という言葉をよく使うため、「リモートワーク」が使われることが多いようです。

また、一切出社することなく、完全にオフィスの外で仕事をすることを「フルリモート」と言うことがありますが、「フルテレ」とは言いませんのでご注意ください。

ちなみに、「在宅勤務」は、テレワークとリモートワークのどちらにも当てはまります。

テレワークとリモートワークは、オフィス以外の場所で仕事をするというより広い意味の言葉で、その中でも自宅で仕事をするという狭い意味の言葉が、「在宅勤務」です。

その他の新しい働き方

「働き方改革」で注目されている新しい働き方として、テレワークとリモートワークと呼ばれる働き方について解説してきましたが、その他にもいろいろな新しい働き方があります。

順番に解説していきます。

モバイルワーク

モバイルワークは、テレワーク・リモートワークと比べると少し古くからある働き方です。

ノートパソコンや携帯端末など、持ち運べる端末を使って移動しながら仕事をする働き方のことを指します。

モバイルワークの代表的な例が、営業職が顧客先への移動中などに仕事をすることです。

オフィスの外で仕事をするという意味ではテレワーク・リモートワークと共通しているのですが、場所を固定されずに移動しながら仕事をするという点がテレワーク・リモートワークとは異なります。

サテライトオフィス

サテライトオフィスは、自社が事業所とは別の場所に所有する拠点のことです。

場所は、土地代の安い郊外に設置されたり、顧客の拠点の近くに設置されたりと、目的によって様々です。

あくまで自社の拠点のひとつなので、普通のオフィスで働くのに近いのですが、メインの事業所とは異なるため、静かに集中して仕事をするのに向いています。

コワーキングスペース

コワーキングスペースは、カフェのように誰でも入れて、Wi-Fiや電源などのオフィス環境が整った場所のことです。

自宅は仕事をする環境が整っていない人、自宅では集中できないという人がテレワーク・リモートワークを行うのに向いています。

会員制のことが多いですが、安いところではカフェに入るよりも安い料金で入れるコワーキングスペースもありますので、興味のある方は近所にそういった場所がないかどうか探してみてください。

今さら聞けない「働き方改革」とは|テレワーク時代の働き方まとめ

今回は、「働き方改革」の言葉の意味について改めて解説し、働き方改革で注目を集めている新しい働き方として、テレワーク・リモートワーク・在宅勤務のほか、モバイルワーク、サテライトオフィス、コワーキングスペースについて紹介してきました。

これらの働き方は、今はまだまだ新しい働き方として一部で導入されているに過ぎませんが、生産性を向上させる働き方として大きな期待を集めており、今後さらに普及していくことは間違いありません。

まだ自社で導入していないという人事・労務管理者の方は、今回の内容を参考に、働き方改革の導入を検討してみてくださいね。