「所有」より「利用」の時代?法人向けサブスクリプションサービス3選

「所有より利用」と言う価値観の変化から最近耳にする機会が増えたサブスクリプションサービスと言う言葉。

音楽サービスであったり動画視聴サービスなど、個人で利用している方も多いのではないでしょうか。

実は、サブスクリプションサービスには、個人向けのもの以外に法人向けサービスも多数存在しています。

今回はそんな法人向けサブスクについてご紹介いたします。

サブスクリプションサービスとは

サブスクリプション

サブスクリプションとは、商品やサービスごとに購入金額を支払うのではなく利用できる期間に支払うサービスの事で一般的には定額制」のサービスの事を指します。

昔から存在していたサービスとしては新聞や雑誌などの定期購読として知られていましたが、近年「Netflix」「Apple Music」「Amazon prime」などの音楽配信サービスや動画配信サービスで世間への認知が広まりました。

データやソフトウェアを利用するデジタルのサービスが主となり広まったサブスクですが、現在では家具や家電・衣類や美容室などデジタルではないサービスも増加しています。

個人向けのサービスは上記のような娯楽サービスが多いですが、法人向けサービスでは勿論ビジネス寄りのサービスとなっています。

サブスクリプションと定額制の違い

毎月一定金を支払い、サービスや商品を受取る『定額制』もサブスクリプションと同列で使われることが多い言葉です。

ビジネスモデル自体は似ているこの2つの言葉ですが、決定的な違いはサブスクリプションの方がさらに『顧客満足度を意識したサービスを提供』しているところです。

サブスクリプションでは常にユーザーの動向をチェックし、さらにユーザーが使いやすいサービスに進化させることができるのがサブスクサービスの特徴です。

サブスクリプションを利用するメリット

それでは、サブスクリプションを利用する事で企業はどのようなメリットが得られるのでしょうか。

・商品やサービスの購入費用・初期費用を抑えることができる

・モノを所有せずに利用する事ができるため、気軽に新しい商品・サービスを利用する事ができる

・利用しなくなったり、必要がなくなったらすぐに解約する事ができる

イニシャルコストを抑えて導入できるため、商品やサービスを利用するハードルが下がり、モノを所有する負担が減り更に選択肢の幅も広がるというメリットがあります。

また、10万円以上のオフィス家具を購入した場合は、固定資産として登録する必要がありますが、サブスクサービスでは資産計上する必要はなく、固定資産の管理や減価償却の事務コストも削減する事が出来ます。

法人向サブスクサービス3選

それでは具体的にどのようなサービスがあるのでしょうか。

お勧めのサービス3選をご紹介いたします。

スマートチャージ

提供:セイコーエプソン株式会社

料金:使用状況に合わせてのプラン選択

特徴:導入コストを抑えたい、手間を軽減したい、1枚あたりのコストにこだわりたいなどさまざまなニーズに応えることのできるサービスプランプリントやコピーの使用状況に合わせて、最適なプランや機器を選べるサービスです。

ビジネスの効率化やコスト削減、環境貢献などの課題解決に繋がります。

(参考:https://www.epson.jp/products/bizprinter/smartcharge/index.htm)

subsclife

提供:株式会社subsclife

料金:月額500円~

特徴:取り扱う家具は400ブランド100万種類以上。

月額利用料金と送料のお支払いだけでスタートできるので、オフィス家具の初期導入コストを圧倒的に削減することができます。

無料で家具コーディネートを提案してくれるサービスもあり、さらに気に入った家具はそのまま購入することも可能です。

(参考:https://subsclife.com/)

KINTO ONE

提供:株式会社KINTO

料金:契約期間・車種により変動

特徴:保険や自動車税など車に掛かる費用が全て込みの月額サービスでトヨタ・レクサスの新車を利用する事ができます。

契約はWEB上で完結。

3年契約でメンテナンスも受けることができるため、安全な車を安心して利用する事ができます。

(参考:https://kinto-jp.com/)

まとめ

オフィスには欠かせないプリンターや家具や移動手段の車などのサブスクリプションを今回はご紹介させていただきました。

前述の通りメリットの多いサブスクリプションサービスは今後の市場拡大が期待されます。

生産性の向上や業務効率化で企業価値を上げるために、自社に合ったサブスクサービスを検討してはいかがでしょうか。