サバティカル休暇とは?導入のメリット5つを解説

サバティカル休暇という言葉を聞いたことがある人事・労務管理者の方はどれぐらいいらっしゃるでしょうか。

休暇制度があまり浸透していない日本では、聞き馴染みのない言葉かもしれません。

サバティカル休暇は、継続的に勤務している労働者に与えられる長期休暇のことで、ヨーロッパを中心に導入されていますが、徐々に日本でも注目が集まり始めています。

今回は、このサバティカル休暇について、導入のメリット5つを解説していきます。

P&Cラボ

ワークとバケーションという単語を組み合わせた造語の「ワーケーション」日本では有給取得率の低さや、長期休暇を取得しずらいと…

サバティカル休暇とは

サバティカル休暇

サバティカル休暇とは、長期間、継続的に勤務している労働者に対して与えられる、少なくとも1か月以上の長期休暇のことで、その使い道に制限がないことが特徴です。

有給休暇の場合は休暇理由に規定がありますので、ここが通常の有給休暇とサバティカル休暇との大きな違いです。

期間は少なくとも1か月以上ですが、長いところでは1年間に及ぶ場合もあるようです。

 

起源としては、1990年代のヨーロッパにさかのぼります。

当時のヨーロッパでは、「ワークライフバランス」の考え方が普及し始めたことで、優秀な人材の流出が問題となっていました。

そこで企業は、従業員のワークライフバランスを確保し、人材の流出を防ぐための対策として、サバティカル休暇を打ち出し、それが企業の間で広まっていったというわけです。

日本でもサバティカル休暇が注目される理由

日本でもサバティカル休暇が注目される理由としては、近年推進されている「働き方改革」に伴う、働くことへの価値観の変化が挙げられます。

長時間労働による過労死やうつ病、自殺などの労働問題が大きく報じられるようになり、人々は働くことよりも自分の生活を重視する、まさにワークライフバランスの考え方が浸透するようになりました。

 

加えて、人口減少と日本型雇用の崩壊、そして副業解禁も注目の背景として挙げられます。

かつてのような終身雇用がなくなり、常にキャリアアップを必要とされる時代がやってきました。

 

そんな中、サバティカル休暇のような長期休暇を取得することで、ワークライフバランスを保ちつつ、自らのスキルを向上させ、キャリアアップや副業に繋げるための準備を行う時間が作れるようになるのです。

このような理由で、いま日本でサバティカル休暇が注目を集めています。

P&Cラボ

近年、テレワークやフレックスタイム制など多様な働き方が可能になってきた事で、1人の労働者が2つ以上の企業で働くことが現実…

サバティカル休暇導入のメリット

ここまで、サバティカル休暇とは何か、サバティカル休暇がなぜ注目されているのかについて解説してきましたが、サバティカル休暇を導入することによって、企業にとってはどのようなメリットがあるのでしょうか。

順番に見ていきましょう。

従業員のワークライフバランスの向上

.サバティカル休暇導入のメリットの1つ目は、従業員のワークライフバランスの向上です。

従業員のワークライフバランスの向上は、従業員の仕事に対する満足度を高め、離職率を低下させることにも繋がります。

また、休息を十分に取らせることで、従業員ひとりひとりの能率が上がり、企業全体の生産性向上も期待できます。

ワークライフバランスの向上は、サバティカル休暇導入の一番の目的であり、従業員・企業双方にとっての最大のメリットと言えるでしょう。

過労死の防止・従業員の健康維持

サバティカル休暇導入のメリットの2つ目は、過労死の防止・従業員の健康維持です。

長時間労働による健康問題は避けなければいけないことですが、特に過労死は絶対にあってはならないことです。

長く勤務している従業員にはサバティカル休暇を与えることで十分な休息を取らせ、健康維持に努めさせましょう。

社員のスキルアップに繋がる

サバティカル休暇導入のメリットの3つ目は、従業員のスキルアップに繋がることです。

サバティカル休暇中は基本的には何をして過ごしても自由ですが、向上心のある従業員であれば、自らのスキルアップのために新しい知識や経験を得る勉強や副業に時間を注ぐかもしれません。

 

あるいは、海外留学やボランティア活動に参加することも可能ですし、会社で働いているだけでは得られなかった経験をたくさん積むことができます。

それらの経験は決して無駄にはならず、復帰後の仕事にも役立つことでしょう。

育児・介護による離職防止

サバティカル休暇導入のメリットの4つ目は、育児・介護による離職防止です。

育児・介護休業法により、育児・介護の際には休暇を取る権利が従業員に認められていますが、依然として休暇を取りづらい企業が多いのが実情です。

本来の用途とは異なるのですが、サバティカル休暇を利用することで、育児・介護のために休暇を取ることができるようになり、従業員がやむを得ず離職することを防ぐことができるようになります。

企業のイメージアップ

サバティカル休暇導入のメリットの5つ目は、企業のイメージアップです。

ヨーロッパでは普及しているサバティカル休暇ですが、日本ではほとんど普及していません。

 

そんな中で先んじてサバティカル休暇を導入することで、従業員の満足度を高めて対内的なイメージアップに繋げることもできますし、採用の際にアピールすれば、福利厚生が整っている良い企業だ、と対外的なイメージアップにも繋げることができます。

そうすれば、人材の流出を防ぐとともに、優秀な人材を採用することもできるようになるでしょう。

まとめ

今回は、サバティカル休暇とは何かという基本的な内容から、サバティカル休暇を導入することのメリット5つまで、一挙に解説してきました。

サバティカル休暇を導入している企業は、日本ではまだほとんどありませんが、導入することのメリットは非常に大きいものがあります。

ぜひ今回の内容を参考にしていただき、導入を検討してみてください。