リモートワーク・テレワークのメリット・デメリット

最近、よく話題に上る「リモートワーク・テレワーク」と言う言葉。

これまでは会社に出社して働くのが当たり前でしたが、働き方改革の一環で、出社不要なこの働き方を推奨する企業が増えてきました。

通勤時間の削減などから喜ぶ社員が多い一方で、働きぶりが見えない、従業員を管理できない分、企業や労務管理者にとっては不安の多いテレワーク。

 

作業効率が低下したり経営に悪影響が出るのでは……そんな心配の声が上がっても無理はありません。

今回は労務管理者目線で、リモートワーク・テレワーク導入で生じるメリット・デメリットをピックアップしていきます。

P&Cラボ

テレワークのマネジメントは、従業員の顔や働きぶりを直接見ることができず、メールやチャットなどを通じて知ることしかできない…

リモートワーク・テレワークのメリット

テレワーク メリット デメリット

テレワークの導入は、従業員にとっては自由な働き方ができてメリットが多いかもしれないが、企業側にはあまりメリットはない……と思いがちですが、実はそんなことはありません。

だからこそ様々な企業がテレワークを取り入れ始めているとも言えます。

では、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

社員一人ひとりの集中力が上がる

テレワークで周りの目がないと、他のことに気を取られて仕事に集中できないんじゃないか、などの心配もあると思いますが、実は仕事への集中力は上がると言われています。

オフィスにいると周りの会話が気になってしまったり、質問を受けて仕事を中断せざるを得なかったり、別の仕事を振られてしまったり、実はオフィスはノイズの多い環境なのです。

その点テレワークでは、周囲の人によって仕事を中断させられることはほとんどありません。

自分でやると決めた仕事にひたすら集中して取り組むことができます。

離職率の低下につながる

働き方が多様化する現代社会では、ワークライフバランスが多くの働く人々にとっての企業選びの軸になりつつあると言っても過言ではありません。

テレワークであれば通勤時間がなくなるため家事や趣味に充てる時間を増やすことができ、育児や介護との両立もしやすくなります。

このように、テレワーク導入によって社員のワークライフバランスを向上させることができます。

今まで育児や介護などやむを得ない理由で退職をせざるを得なかった人の離職を防ぐとともに、結果的に社員の会社への満足度が向上し、離職率を低下させることができるのです。

コスト削減に繋がる

社員にテレワークをさせることで、企業は様々なコストを削減することができます。

例えば交通費。特に、遠方から出社する社員の交通費がカットできるのは大きいですよね。

他にも文房具類やトイレットペーパーといった備品類の消費も抑えられるため、コストカットに繋がります。

このように、従業員へのメリットと企業側のメリットは地続きになっています。

テレワーク導入によって双方にメリットが生じることが分かりましたね。

リモートワーク・テレワークのデメリット

前節までで、テレワークの導入によって、企業と従業員の双方にメリットがあることがわかりました。

しかし、テレワークの導入はメリットばかりではなく、どうしてもデメリットも出てきてしまいます。

ここからは反対に、テレワーク導入によって生じてしまうデメリットについて見ていきましょう。

セキュリティ上のリスクがある

多くの企業にとってテレワーク導入の一番の障壁となるのは、この「セキュリティ上のリスク」かもしれません。

オフィス以外の場所で仕事をするためには、オフィスからパソコンや資料を持ち出す必要があります。

 

しっかりと管理しているつもりだったのにうっかりパソコンを紛失……なんてことになってしまうと、そこから一気に情報が漏洩してしまう可能性も。

また、自宅以外の不特定多数が集まる場で仕事をする場合にはのぞき見や盗難といったリスクにも晒されることになります。

テレワークを導入する際にはこうしたセキュリティ上のリスクについて、社員に対し事前にしっかりと啓発を行う必要があると言えます。

個々がセキュリティ意識を高く持つことが重要ですね。

 

また、盗難などのリスクを最小限に抑えるため、セキュリティサービスを前もって準備しておくことも大切です。

当然費用はかかりますが、コストではなくテレワーク導入のための投資と考えましょう。

勤怠状況が見えづらい

テレワークだと各社員が出勤しているのか、どれくらい働いているのかなど、勤怠状況の把握が難しくなります。

見えない所でサボってばかりの社員がいるかもしれませんし、あるいは毎日残業続きの社員がいるかもしれません。

テレワークで働く社員の勤怠管理は、多くの企業にとって課題となっていると言えます。

このような勤怠状況の課題に対してはツールの利用が効果的です。

 

勤怠状況の管理ソフトは色々ありますが、弊社では勤怠管理ソフト「RemoLabo(リモラボ)」を提供しています。

その他にも、おすすめの勤怠ソフトについてご紹介している記事がありますので、こちらもご覧ください。

P&Cラボ

リモートワーク・テレワークを導入する際に大切なのが「勤怠管理の方法」です。社員がどんな作業にどれ位時間を使っているか、隠…

まとめ

テレワークを導入することで生じるデメリットはあるものの、効果的なツールの利用や社員への啓発活動によって対策することが可能です。

こうしてデメリットとなる点を克服してテレワークを導入すれば、従業員も企業も大きなメリットを得ることができます。

メリット・デメリット共にしっかりと理解した上で、導入に踏み切ることをお勧めします。

P&Cラボではテレワーク・リモートワークにまつわる記事を日々更新しておりますので、よければ参考にしてみてください。