リモートワーカー必見!リモートワークに役立つ資格3選

新型コロナウイルスの感染拡大により普及したテレワークですが、突然のことで手探りでテレワークを始めた企業も少ないないかと思います。

しかし今後も働き方改革の一環としてリモートワークを継続、もしくは取り入れて企業は増えていく事でしょう。

テレワークとは?いまさら聞けないテレワークの疑問やより生産性を高めてリモートワークを進めて行くにはどうすれば良いのか、皆さんはご存じでしょうか。

今回はそんなテレワーク・リモートワークに関する資格をご紹介いたします。

P&Cラボ

在宅勤務手当とは、名の通り在宅勤務をする従業員のための手当です。国税庁は1月15日、感染症対策として昨年の春以降から導入…

リモート実務検定

リモート実務検定とは、リモート実務検定協会が2020年9月5日に開始した新しい資格のことです。

就活生・転職者・企業にとってのリモートワークに必要な知識やノウハウを身に着けられる検定試験で、リモートワーク実施時において遵守する必要がある法令を学習できる検定試験で民間資格の1つです。

こんな方におすすめです。

・就職、転職、昇格の際にアピールできる資格を取得したい方

・これからの就活する方や、転職活動を考えている方

・リモートワークを推進することを検討している企業の担当者

リモート実務検定の概要・特徴

リモートワーク実務検定の概要は下記の通りです。

・リモート実務能力を客観的に評価することができます。

・学生、社員のリモート実務知識の習得に利用できます。

・リモートワーク実施時において遵守する必要がある法令を学習できます。

・合格者は履歴書やエントリーシートの資格欄や名刺に書くことができます。

・就職、転職、昇格試験などでのアピールポイントにすることができます。

・社員のリモート実務能力を客観的に計ることができ、配属先等の評価基準の一つとして利用できます。

・オンライン(全国の試験会場)で毎日受験できます。

・受験申込み~合格証の発行を、オンライン(インターネット)で行えます。

受験料:リモート実務検定3級 7,000円(税抜き)

(参考:http://remotejitsumu.work/)

リモートワークの資格と言うだけあり、オンライン上で受験申し込みから合格証の発行ができるのは大きな魅力の一つと言えるでしょう。

今後も継続されて行われていくであろうリモートワークと言う働き方でのリモートワークのメリットから生産性の向上や経営者側が知っておきたいセキュリティ対策やメンタルヘルス対策など

リモートワークを行う上で必要なスキルを身に着けることは、従業員・経営側共に今後役立つことでしょう。

テレワーク検定

テレワーク検定とは、一般社団法人エコ・ペーパーレス協議が実施するテレワークを行う時の準備や心構えも踏まえた基本の「き」から、実際にテレワークを行っている時のコツも習得できるEラーニング検定で民間資格の1つです。

こんな方におすすめです。

・もうすぐテレワークを始める企業の従業員の方・フリーランスの方

・いつかテレワークにチャレンジしたいとお考えの企業の従業員の方・フリーランスの方

・すでにテレワークはしているが、さらに効率よくテレワークを活用したいとお考えの企業の従業員の方・フリーランスの方

テレワーク検定の概要・特徴

テレワーク検定の特徴は下記の通りです。

・実績に基づいたテレワーク専用コンテンツが数多くあります。

・マルチデバイス対応!いつでもどこでも学習可能です。

・デジタル教材で手軽に学習する事が出来ます。

今後に備えたテレワークへの準備ができます。

・基本から応用まで効率が良く効果的なテレワークを目指せます。

・人材確保に効果的です。

・テレワークを行うために必要な一定の水準以上の専門性が身に付くので安心してテレワークできる人材育成できます。

受験料:3300円(税込み)

(参考:https://www.wnw-academy.com/)

パソコンやスマホ、タブレットなどデジタルデバイスで学習できると、テキストを持ち歩く必要が無く仕事や移動時間などスキマ時間で資格勉強ができる事と、挑戦しやすい受験料なのも大きな魅力でしょう。

これからテレワークを始める方や既にテレワークをしている方にも幅広く対応しています。

 

リモートワーカー検定

リモートワーカー検定とは株式会社キャスターが実施するリモートワーカーとしての経験や知識、 そしてあなたがリモートワーカーとしての即戦力、プロのリモートワーカーであることを証明できる資格です。

こんな方におすすめです。

・履歴書に資格としてアピールしたい方

・リモートワーカー検定の取得は、自己解決能力やセキュリティ等への意識力、 リモートでのコミュニケーション力等、リモートでの仕事を安心して頼める人の証明がしたい方

・就職時や、ご自身のキャリアアップの後押しになります

リモートワーカー検定の概要・特徴

リモートワーカー検定の特徴は下記の通りです。

・リモートワーカーになるための1歩目をしっかりサポートしてもらえます。

・様々なツールを使いながら、実際のリモートワークを体験する事が出来ます。

・リモートワーカー検定の取得で更にレベルアップできます。

受験料:リモートワーカー検定6000円(税抜き)

    フルコース15000円(税抜き)

    エニタイムコース12000円(税抜き)

(参考:https://academy.cast-er.com/#)

リモートワーカー検定までひとまとめにした全部入りのコースで検定対策もできるのコースから、12本の動画が見放題なコース、既にリモートワークを実施していて自分の知識に自信がある方向きの3種類のコースがあるのが魅力的です。

これからリモートワークを始めようという方には、実際にリモートワークが体験できるというのもメリットの一つと言えるでしょう。

まとめ

今回はリモートワークに関する資格を3つご紹介いたしました。

リモートワークに関する資格は一見求職者のみ取得すれば良いと思いがちですが、リモートワーク推進する企業では、担当者や該当者が資格取得に向け勉強をすることで、リモートワークのことをより一層理解してもらうことで生産性の向上が、見込めるのも大きな魅力ですね。

また、現時点での従業員の社員のリモート実務能力を客観的に測る事が出来る資格もあるので、リモートワーク・テレワークでの人事評価に悩みを抱えている場合は、新たな人事評価の基準となるのではないでしょうか。