360度評価とは?導入するメリットや運用方法を解説

近年導入する企業が増えつつある「360度評価」

360度評価とはどのような制度か、導入にどのようなメリットがあるかご存じでしょうか?

今回は360度評価とはどのような評価制度なのか、導入するメリットやその運用方法について詳しく解説していきます。

P&Cラボ

テレワークでの人事評価を適切に行う為には「適切かどうか」「運用しやすいか」が大切なポイントとなります。従来のオフィスワー…

360度評価制度とは

360度評価

360度評価とは、多面評価とも呼ばれる評価制度です。

一般的に社員の評価は上司が部下に対して行うものですが、それに加え部下や同僚、他部署や社外の関係者など、多方面から人材の評価を行います。

あらゆる角度から評価を行う制度なので「360度評価」と呼ばれているわけですね。

これまでの日本企業では終身雇用が当たり前で、人事評価も年功序列制が取られてきました。

ところが近年、成果主義を取る企業が増えてきています。

 

また、社員のライフスタイルが多様化する中でリモートワークや時短勤務で働く人も増えてきました。

このような状況の中、従来のように上司のみが被評価者に対して公正に評価を行うことは困難になってきています。

そこで注目されるようになったのが、複数の人で多角的に評価を行うこの「360度評価制度」というわけです。

360度評価制度のメリット3つ

それでは、360度評価のメリットについて詳しく見ていきましょう。

客観的で公正な評価ができる

従来のように上司だけが被評価者に対して評価を行う場合、相性や好き嫌いによって評価が左右される恐れがありました。

一方360度評価の場合、多方面から意見を聞くことにより被評価者の成果やその過程をより詳細に把握・評価することが可能になり評価の公平性が高まります。

また、自己申告や個人の先入観によらずに客観的に長所や短所を把握することにもつながり、より実力を発揮できるポジションにアサインすることができます。

評価を行う上でも、その先のキャリアを考えていくうえでも、360度評価は非常に有用な評価制度であると言えるでしょう。

社員それぞれが改善点に気付ける

360度評価では異なる立場の複数の人から評価を受けることに加え、自己評価も行います。

自己評価と他者からの評価を比較し、合致している点や反対に乖離している点どういったものなのか知ることができます。

自己評価と他者評価が乖離している点の原因を考察することで、今後の職場での振る舞いや仕事への向き合い方を改善することができます。

また、自分では気付けなかった自分自身の長所や短所に気付くこともできます。

短所は改善に向けて取り組み、長所は業務に活かそうという意識を持つことができるでしょう。

社員が規範意識を持てるようになる

従来の評価制度では上司から良い評価を受けることが全てでした。

そのため上司以外からの評判があまり芳しくない場合でも、上司からの評価のみを理由に昇進・昇給することできました。

 

しかし360度評価の場合、被評価者は業務で関わるあらゆる立場の人に対し適切な対応を取らなければ総合的に良い評価を受けることは出来ません。

その結果、上司だけでなく同僚や後輩・部下に対して自分自身は何ができるか、どのように関わるべきかを意識するようになります。

社員全員があらゆる立場の人に対し規範意識を持って行動するようになり、風通しのいい職場になっていくでしょう。

360度評価制度の運用方法

それでは、実際に360度評価制度を取り入れる場合の運用方法の概要と注意すべき点を見ていきましょう。

導入・評価目的の設定

360度評価制度を導入するにあたって、まずは目的を明確に設定しましょう。

個々の能力の正当な評価とそれを元にした適切な人員配置なのか、はたまた風通しの良い組織づくりなのか、ルールを作成する前に目的を設定する必要があります。

また、360度評価の結果が昇進・昇給へ影響するのか、もしくは参考程度の情報とするのかなど、使用目的についても明確にしておきましょう。

評価方法・ルールの決定

目的が定まったら、そのためのルールと評価方法を決めましょう。

ルールとして決定すべきは項目としては例として以下のようなものがあります。

・評価者に対して誰が被評価者となるのか、またその人数

・実施後のフィードバックの方法

・評価の期間、回数などのスケジュール

・最終的な評価の決定方法

 

評価方法として決定すべき項目には例として以下があげられます。

・テンプレートやWeb・紙などの形式

・記名式なのか匿名式なのか

・集計方法

360度評価を取り入れる場合、テンプレートの作成や集計作業に時間も人手も必要になってきます。

今は360度評価に便利なシステムも複数でているので、システムを有効活用するのも手段の1つとなるでしょう。

評価項目の決定

次に、評価項目を決定していきます。

評価項目は非常に重要なため、慎重に決定していきましょう。

なるべく主観的にならずに客観的に回答できるような設問にするほか、どのような立場の人からでも回答しやすいよう工夫しましょう。

社員への決定事項の周知と説明

準備が完了し360度評価制度が形になったら、社員へ評価制度が変更となることを周知しましょう。

全員が当事者となるため、実施前に360度評価を導入する目的や結果扱い方などを社員にしっかりと理解してもらう必要があります。

また、評価方法や評価をする際の注意点についても丁寧に説明を行い、公正な評価が行われるような土台を築きましょう。

運用開始

準備が整ったら、決定したスケジュールに基づき実際の運用を開始します。

運用が開始したら360度評価に関するアンケートを行い、問題点が上がれば評価項目等につき適宜見直しを行っていくと良いでしょう。

注意点

メリットが沢山ある360度評価ですが、導入の際には以下のような点に注意しなければなりません。

・改善点を指摘された際、必要以上に感情的に受け止めてしまう恐れがある。

・評価を意識するあまり、時には厳しくする等適切なマネジメントができなくなる恐れがある。

・口裏合わせなどが行われる可能性もあるため、昇進・昇給など反映させるかどうかについては慎重に決定する。

まとめ

今回は360度評価のメリットや運用方法について解説してきました。

360度評価を導入することで公正な評価が行えるだけではなく、従業員の能力開発や風通しのいい職場職場づくりなどの実現にも繋がっていきます。

導入の際は注意点に十分気を付けながら、ルールや方法についてしっかりと検討するようにしましょう。